2016年10月06日

全英TOP20友の会Vol2

ついに第二回の全英TOP20友の会を開催します
大貫憲章さんと私で送る、80年代のUK音楽を一緒に楽しみましょうという企画です。

ラジオ日本で番組をやっていた当時の雰囲気を出しながら、
ラジオ公開のようなスタイルでやってみようかなとも思っています。

参加していただく方と、たくさんおしゃべりができて、
みなさんとその時間を一緒に楽しむというのが主旨。

当時を聞いていた方、当時を知らなくても、80年代のUKが好きなかた、
どなたでもいらしてください。

まずは下記に連絡をくださいね
1980top20@gmail.com

よろしくお願いします

2015_zenei_top_20.jpg




posted by Keiko Imaizumi at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2014年12月13日

全英Top20のイベント報告

12月9日無事に「全英Top20」のイベントが終了しました。
たくさん宣伝をして、みなさまにしつこいよ〜と思われるぐらい宣伝したのに、
ご報告が遅れてごめんなさい。
大貫さん、レポート早かったな〜。あのまま寝ないからねw

このイベントを開催するにあたり、
いろいろな資料を探したり、同録を聞いたりして、
純粋に音楽に向き合い、伝えたいという思いがいっぱいだったのは、
あの時代ならではだったかもしれません。
リスナーの方からご提供いただきたQueenのインタビュー。
「誰か一人でも欠けたらQueenは解散してほしい」だなんて、メンバーの前で言えちゃう
ファン目線。あらためて聞いて、自分でびっくりして赤面でした。
フレディがなくなる2,3年前、Londonのオペラハウスで行った記者会見に出席し、
ヨーロッパの積極的なジャーナリストの輪を潜り抜けてフレディにマイクを差し出し、
それに気づいたフレディが、「僕の日本語大丈夫だった?うまく歌えてる?日本が好きだから
日本語で歌いたかったんだ」と話しかけてくれた時の声。

来日時の初インタビューで、マイケル・ジャクソンとのレコーディングについて聞いていたなんて、
今年その共演がCDに収録されて、なんだかとってもタイムリー。もう1曲あるようです。「Victory」という曲が・・・

Duran Duranの素材も懐かしいカンタベリーのインタビュー。
あの日、私の誕生日で、メンバーがホテルのロビーでHappy Birthdayとお祝いしてもらいました。
これから世界へと飛び出していく5人の若者のエネルギーに感化され、また今後彼らといろいろな形で
歩んでいくことになるとは思ってもいなかった私のたどたどしいインタビュー。
懐かしさでいっぱいでした。

お越しいただいたリスナーのみなさんの中には、昔の本や記事をお持ちいただいて、
それぞれが思い出に浸った時間となりました。

大貫さんとのトークが面白かったというけれど、そんな意識はあまりなくて、
アーティストを身近に感じられるように、タコ坊とあだ名をつけたりして、
UKを紹介してきたことがおもしろかったのかしら?
また全英と並行して、大貫さんとサウンドプロセッサーという夜のワイド番組を担当して、
ヴァラエティをやっていたのが、面白いコンビと思われているのかしら?

いろいろ悩むことがあっても、このような場があることで考えたり、盛り上がったり。。。
大貫さんに会うと、純粋に音楽と向き合っている姿に、自分を反省したりするのです。

いつかまたPart2をやってみたいと思いますが、その時にはもう少しみなさんの意見を反映した
イベントにしたいと思いました。

その時まで・・・

そして前日が私のお誕生日ということで、お祝いしてくださったみなさま、ありがとうございました。
18 Til I Die!!

2014-12-10 09.50.22.jpg
2014-12-10 09.49.56.jpg
2014-12-10 09.49.43.jpg
2014-12-09 19.55.08.jpg




posted by Keiko Imaizumi at 17:30| イベント

2014年11月29日

全英Top20について

80年代、約10年間続いたラジオ番組「全英Top20」。UKロックを紹介してきた大先輩の大貫憲章さんとラジオをご一緒できるってことで、すっごく緊張したし、わくわくしたのを覚えています。まだ20歳だったからね〜。私!この番組は、今振り返っても大貫さんにとっても、私にとっても、大切な時間だったように思います。それは、80年代の音楽が今でも愛されているということ、そして、あの時のサウンドが多くのアーティストに影響を与えているということ、そんなことを考えていると、UKの音楽を紹介する番組に出会えたことは、何にも代えがたい財産となったなと思うのです。大好きなB’Zの稲葉さんと初めてお会いしたとき、どきどきして握手したいな〜と思っていると、「ボク番組聞いていました。握手してください」って言われて舞い上がったっけ。ZIGGYのメンバーもそうでした。大貫さんの周りで、今はさまざまな分野でご活躍している人たちも、よくスタジオに顔を出してくれていました。誰かのアーティストのライナーで小山田圭吾さんが番組のことに触れていたり、そういったことを考えていると、すごく偉大な...番組に関われていたんだな、と思うのです。最近出会った人たちの中にもそういった方々がいっぱいいて、私が忘れているような、番組で話したことも覚えていてくれて。嬉しいです。そんな昔のリスナーのみなさんや、今K−Popに夢中の、でも昔番組聞いていました、というみなさんなどと、一緒に時間を過ごしたいなと思います。
レコード会社のみなさんのご協力もいただいて、映像も用意できそうです。同録テープを探してくれたキョードーの山中さん、ありがとう。恥ずかしいけれど、笑えました。そう、この番組笑えたのです。必死だったから。Queenのロジャーとジョンにインタビューしたカセットも出てきました。私の声がブリブリしていて嫌だけど、リクエストがありましたら、お聞かせしましょうw。
何よりも、おいしいお料理と楽しいトークでみなさんと音楽を語り合いたいです。
ご予約は、お電話では03−6450−5364
emailでは、info@llovesr.com
12月9日(火曜日)19:00〜22:00まで
トークは20時スタートです。
東京都渋谷区渋谷1−6−8 L.LovesR.
(宮益坂上近く)
お待ちしています。

全英Top20改訂.jpg



posted by Keiko Imaizumi at 14:35| イベント